保育士の求人の現状について

保育士の求人の現状について

保育士は人手不足が常態化しています。

保育士の求人の専門技術を身につけましょう。

有効求人倍率についてみていくと、ここ3年のデータではいずれの年も年末年始あたりにおいては1.25倍を超えており、保育士の需要は高い傾向がみられます。
ですので保育士の仕事を探すという人よりも求人のほうが多いことがデータからいえます。
しかし、待遇に関しては決していいとはいえない面があります。

まず全体のうち約半数の保育園についてはその保育園において必要な人数の確保ができてはいます。
しかし、約3割の保育園では一部しか確保できておらず、必要な人数の確保は難しいという状況になってしまっています。

これには、離職率の高さが関係しています。

離職する保育士に最も多い理由として挙げられることとしては賃金が希望の金額と合わずにやむなく退職するしかないことがあります。



業務内容としてはかなりきつい部類に入りますが、それにも関わらず必要なお金についてはなかなか入ってこないということから別の職種を探してしまう人は少なからずいます。

待遇改善については、保育の業界においては長年懸案事項となっています。


求人の条件については少しずつ待遇は改善され始めてはいますが、それでもまだまだ満足のいくラインには届かないという状況が求人を行ってもなかなか来ないか、あるいはきたとしても離職してしまう原因にもなっています。

男性の保育士については、少しずつ増えてきてはいますがこちらも待遇の悪さや仕事のきつさなどの理由で離職率は低くありません。

教えて!gooに有効な知識の紹介です。

ただ、女性よりも給与はもらえる傾向はあります。

防犯などの面においては、男性がいることで便利というメリットがあるため今後は少しずつ男性の割合も増えていくことが予測されます。


  • よく解る情報

    • 保育士の仕事は、小さな子供達の安全を考慮しながら、不足がない様にきちんと世話をする必要があります。なので単なる子供好きというだけで、こなせる様な甘い仕事ではないため、この職業に就くには国家資格を取得する事が絶対条件です。...

      detail
  • 注目情報

    • 保育士は今でも子どもたちのあこがれの職業ですが、最近はその厳しい勤務形態や低い賃金がクローズアップされ、一種の社会問題と化しています。しかしすべての保育士の待遇が悪いわけではなく、保育園の中には保育士の待遇改善に積極的に取り組んでいるところも登場しています。...

      detail
  • 身に付けたい知識

    • 子供を預かる保育士の求人は探しづらい所があり、ハローワークなどを利用してもいい条件の所が見つからないことがあります。そういう時は民間の仕事を紹介してくれる業者を利用する方法がよく、そのようなやり方ならば対応ができることも多いです。...

      detail
  • 関連情報

    • 保育士の求人を見つけようとするのであれば、ハローワークや同じ保育士仲間のネットワークを利用するというのも良いでしょう。公立の保育園であれば市とのつながりも多いので、地元の求人をあたったほうが求人も見つけやすいでしょう。...

      detail